私が学生だった頃

MENU

私が学生だった頃

まだ私が学生だった頃、私はクレジットカードが作りたくて仕方なかった。

 

なぜならば、大人がを使っているのをみて、かっこいいと思ったし、何より、便利だからだ。

 

どうして便利だと思ったかというと、たとえば、100円ショップに行き、100円の商品を買ったとする。そこで私は10000円しかそのとき持っていないとしたらわざわざ100円の商品を買うのに一万円を出したくないからである。本当に、こういう時にクレジットカードというのはとても便利なものだと思う。

 

学生生活が終わるまではクレジット機能のあるようなカードを手に入れることは無理なようであると勝手に思い込んでおり、作ろうとはしなかった。

 

そのうちにクレジットカードを作るには審査が必要であることを知った。

 

基本は働いていれば、クレジット機能のあるカードを作れるのだろうが、実際にはほかにも条件があるのかもしれないと思い、審査が通る条件を調べてみることにした。

 

インターネットで検索してみると、意外や意外、きちんと働いていて、高収入でも審査に通らない人がいることを知った。その中の一つのサイトを詳しくみてみると、3つの条件がどうも必要らしいことがわかった。

 

1つ、安定した収入。1つ、返済能力。1つ、明確な居住場所。

 

と、いうことらしい。うーむ、知らなかった。つまり、どうしても作りたいならば、ちゃんと就職して・・・ということだろうか。と思ったが、先ほど、インターネットで調べたときに、高収入でもクレジット機能のあるカードを作れない人がいたよな・・・ということに気づき、それが書いてあるサイトもみてみルことにした。

 

そうすると、本人の書類不備といった初歩的なことから、家族の中にブラックリストに入ってる人がいる、といった本人の責任ではないこと、また、携帯代金の滞納、つとめている会社が法人登録されていない。

 

などなど、さまざまであることがわかった。つまり、社会人になってからクレジット機能のあるカードを作る場合には、初歩的なミスをしないこと、きちんと支払期限を守ること、そして法人登録してある、ちゃんとした会社に入社することなどが必要なのだと、このとき調べて、理解することができました。

 

【おすすめページ】⇒脱毛 ミュゼ