私の体験談

MENU

私の体験談

あなたは、クレジットカードの審査というものについて、厳しいものだと思い込んでいないだろうか。

 

確かに、クレジットカードというものは、欲しいと希望してすぐさま手に入るようなものではない。

 

しかし、だからといって、決して敷居の高いものというわけでもないのである。ここで一つ、私の体験談を聞いてみて頂きたい。

 

私はキャッシングのために、あるクレジットカードの作成を行おうと思っていました。当時私は学生で、カードを作ろうと思いつつも『学生の自分に、果たして審査が通過できるだろうか』というような、漠然とした疑問を頭に浮かべていました。学生だった私は、バイトもしておらず、収入は無かったのです。

 

しかし、いざカードを申し込んでみると、意外や意外、すぐさま審査に通過することが出来たのです。驚いた私は、他のカードへの申し込みもしてみました。

 

色々なカードを所持していた方が、いざという時に役立つと考えたからです。そして早速複数の銀行に申し込みを行ってみたところ、これまたすぐさま受理され、カードを所持することに成功したのです。

 

上記の体験談は、およそ、今から数年前のことです。

 

確かに、カードの取得というのは、お金の絡むことですから、敷居の高い印象を抱きがちです。しかし、現実には「その人がお金をちゃんと返してくれる人である」と、銀行側がそう考えるに足る信用があなたにありさえすれば、キャッシングのためのカードの発行は容易に行われるのです。

 

カードの発行を申し込むだけであれば、もちろん費用はかかりません。もしもあなたにカードを所持したいという考えがあるのなあらば、一つ、気負うことなく、気軽に発行を申し込んでみるのも良いかもしれない。

 

キャッシングの枠があるということだけでも、人は精神的に安心感を得られるものです。

 

私の体験談がもし参考になれば。使うかどうかは別としても、とりあえず、申し込むだけでも申し込んでみると良いのではないだろうか。

 

【おすすめ記事】農地法に関しての基礎知識